アロベビーミルクローション 成分

危険?アロベビーミルクローションの成分を分析した結果…

危険?アロベビーミルクローションの成分を分析した結果…

アロベビーミルクローション,成分

アロベビーミルクローションは肌に合えば湿疹に効果抜群で、すべすべの肌ににしてくれます。私もそれを実感しましたが、口コミでもその効果を実感している人が多いです。

 

でも、正直ここまで治ると、逆に不安になったり…^^;そこで、アロベビーミルクローションの成分をチェックしてみました!

 

アロベビーミルクローションの全成分

水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸
*印はオーガニック栽培原料

 

全32種の成分のうち、10種類がオーガニック栽培で作られた原料です。

 

中でも、以下の成分がアロベビーミルクローションの強み。

  • オリーブ果実油:母乳に含まれる脂質に最も近いオイルだと言われており、赤ちゃんのスキンケア・ベビーマッサージに適しています。
  • シア脂:優れたうるおい効果に加えて、抗酸化作用などが期待でき、生まれたばかりの赤ちゃんの全身にシアバターでベビーマッサージをする地域もあります。
  • ホホバ種子油:複数のビタミンが含まれており、ビタミンAは乾燥を防ぐ働き、ビタモンEは細胞を活性化する働きが期待できます。国内の有名なベビーマッサージ教室でもよく使用されています。

 

どの成分もよく耳にするものですが、オーガニック栽培のものというのはあまり聞きませんよね。こだわりが感じられます。

 

私が成分を見て引っ掛かった点

しかしこの成分表を見て、素人の私でも「あれっ?」と思ったものがあります。それは、以下の「○○アルコール」という名前の成分。

  • ヒドロキシステアリルアルコール
  • ベヘニルアルコール
  • セテアリルアルコール
  • ベンジルアルコール

確かアルコールって赤ちゃんや敏感な肌には刺激が強いでのは…。それに、アロベビーの公式サイトにもこう書いてあります。

 

アロベビーミルクローション,成分

 

アルコール入ってるじゃん!・・;

 

でもそんなところで嘘をつくはずがないので(笑)、よくよく調べてみると、そもそもアルコールフリーとされるのは、抗菌や消毒目的のエタノールが使われていないもののことらしいです。

 

これらの成分はエタノールではないので、大丈夫ということですね。パッと見ると不安になりますが、大丈夫なようで安心しました。

 

アロベビーミルクローションは99%天然成分で、なおかつ純国産のオーガニック原料、もちろんアルコールフリーということで、変な成分は入っていませんでした!安心して赤ちゃんに使えそうです。とはいえ、肌に合う合わないは絶対あるので、湿疹のひどい赤ちゃんに使う時はパッチテストをおすすめします。

 

>>息子はアロベビーで湿疹が治りました^^体験談はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ